HOME | 院長紹介

スマイル歯科クリニック院長の伊東信明です。
私は30年以上、歯科医師として治療を行ってましたが、ここ最近感じるのは歯科治療で、治療の内容や方針などでお悩みを抱えて来院される方が増えてきたということです。
「インプラントのほかにどういう方法がありますか?」
「歯を抜かなければいけないと言われたが、もたせる事は出来ないでしょうか?」
「前歯がグラグラして抜けそうだが、前歯がなくなると仕事に行けないのでなんとかして欲しい。」
「とにかく歯がボロボロで治したいが、高額な治療費がかかると言われた。」
などなど。
 
もちろん病んだ歯の全てを助けることは出来ませんし、ほとんど歯がない状態で、あっという間に歯を作ることも出来ません。歯の神経の治療をしても、歯の虫歯が大き過ぎたり、歯の根に大きな病巣があったり、歯の周りの骨が無ければ助けることは難しいでしょう。
 
しかし、それでも最善を尽くすことは出来ます。歯の無いところにインプラントでなくても、移植ができるかもしれない、ブリッジができるかもしれない。ほとんど歯がなくても歯を引っ張り出して治療できるかもしれない。歯がグラグラしていても、固定や咬合調整で持たせられるかもしれない。見た目を良くする仮歯が作れるかもしれません。
 
痛みがあればそれをまず取り除くことはもちろんですが、他にもそれぞれの患者さんの状況で優先しなければならない事があるかもしれません。そのときの患者さんにとっての最善を考えて、身体的、社会的な健康の回復のお手伝いをする事が歯科医師としての務めだと思っています。
 
個人的なことですが、私は平成28年に得度を受け、長年関心があった真言密教の修行を行い、平成29年に真言宗の伝法灌頂を受ける事が出来ました。この時に学んだのは今更ですが、本当に多くの方々とのご縁や助けがあって物事が成就するのだということでした。
 
仏教に抜苦与楽という言葉がありますが、医療にも通じることではないかと思います。また一人の人間として社会的に大切なことは、仕事に向き合う「姿勢」と「心の持ちよう」ではないかと思います。毎朝、神仏に手を合わせ仕事に向かうのとそうでないのとは、自分が触れ合う人々に与える影響は異なるのではないかと思います。おにぎりひとつとっても、心を込めて作ったおにぎりとそうでないのとは、美味しさが違います。
 
医療に携わるものとして、私はそうした目に見えないものも大切にしていきたいと思っています。

今、最良なのは何かを一緒に考えていくことが大切

患者さんに寄り添い、患者さん一人一人の置かれた状況や、体験をお聞きして最良な治療や優先すべき事は何なのかを一緒に考えていくことが大切です。
専門家は知識や技術を一方的に押し付けがちになりがちです。告白しますが、私も歯科医師に成り立ての頃はそうでした。心身一如という考え方があります。心の持ち用が体に影響を与え、体も心の持ち方に影響を与えると言うことです。

このように考えるときに、治療を行う立場として、日々自分の心も鍛え、磨き続けることの大切さもひしひしと感じます。歯科医師として、心身共に健康で、その元気が自然に患者さんや周りの方々に良い影響を及ぼせるようになれるようにと願っています。

 

 歯と人生-歯科医院についての思い

1985年に国立の新潟大学を卒業してからは、根管治療や歯周病、特殊義歯、矯正歯科、インプラントなどの講習会に出かけて、実践の場で役立つ知識と技術の習得に努めてきました。卒業後に様々な大学を出た歯科医師と交流をする中で、有名無名の先生方と触れ合う機会を持てました。
 
今思うのは、いろいろな価値観を持った歯科医師がいる中で、大切なのは自分がどういう治療をしたいのか、言い換えるならどう生きたいのかに通じる行動が、日々問われているということです。私たちは「人生とは何だ?」と疑問を持ちますが、実は人生に問われているのは私たちの方かもしれないのです。その問いに答える日々の積み重ねの中で、私たちのこの世での役割というものが見えてくるのだと思います。
 
大学を卒業後数年間はとにかく技術を高めることに気持ちが向かいます。少なくとも私は、そうでした。しかし同じことをしても良くなる患者さんもいれば、そうでない人もいる。もちろん個人個人さまざまな状態や条件が異なるために当たり前といえばその通りなのですが、心の向く方向で結果に違いが出ることもあるのではないかとそんな気もするのです。

私の恩師である高僧は「会社の上司に無理難題を言われてホトホト困っている。」という相談者の方に、「その人が幸せになるようにと祈ってごらんなさい、それを続けてごらんなさい」とアドバイスをされたとのことです。憎い相手の幸せを祈るということは、なかなか出来ることではないでしょう。しかしその行為は結局は自分を許すことに繋がっているのです。
 
話が少し脱線しましたが、私は縁あって来られた患者さんがこの歯科医院にき来たら少しでもいいので、何か気持ちも軽くなったと言ってもらえるような歯科医院づくりを目指しています。

 
 
 

 
素晴らしい歯科衛生士の存在

今まで書いてきたことも、歯科医師一人で達成できる訳ではありません。信頼できる歯科衛生士やスタッフがあってのことです。患者さんに信頼されている歯科医院は大抵は長年務めた歯科衛生士やスタッフが必ずいます。歯科医師と患者さんの橋渡し役以外にも、専門的知識と技術を活かして患者さんからの信頼を得ています。歯科医院にとっても宝のような存在です。そうした歯科衛生士やスタッフから学ぶことも多く、これからますます彼女たちは重要な存在になるでしょう。
 
院長プロフィール
昭和34年 群馬県渋川市生
昭和54年 新潟大学歯学部入学
昭和60年 同大学卒業
昭和60年~平成元年 
小児歯科から一般歯科、老人病院での臨床経験を重ねる
平成元年12月 当地にて歯科医院開設