スマイル歯科クリニック
群馬県高崎市綿貫町486
TEL 027-320-2418
【診療時間】木・日・祝は休日
月火水金 9:00~18:00
土    9:00~17:00
 
 
根管治療で大切な事
 

HOME | 根管治療

根管治療とは

むし歯が大きく歯の神経まで進んだ場合や、すでに歯の神経が失われている時に行う歯の治療法です。いくつかのステップからなっていますが、見えない所を治療しなければならないために、歯科では最も難しい治療のひとつです。

・根管治療は最も難しい歯科治療のひとつ

 
ラバーダム使用した根管治療

 
根管治療は歯科医院では日常で度々行われる治療ですが、同時に最も難しい治療のひとつです。根管治療が必要な歯というのは、虫歯が大きかったり、外傷で破折したりといったように、歯そのものの状態があまりよくありません。
 
また根管内は複雑で網の目のようになっていてどのような器具を使っても、網の目のように張り巡らせた部分をきれいにすることは出来ません。
 
 
 

・基本的なことがひとつひとつ確実に行われていることが大事

一般に神経のない歯は、脆くなっています。また、神経の治療中の歯は治療のために歯に大きく穴を開けていますので、歯が薄くなっています。この状態で噛み合うと歯が破折したり、痛みの原因となりますので、歯を削って噛み合わないようにすることが必要になります。しかも十分にスペースを取らないとうっかり歯ぎしりした時に当たったりして危険です。
 
 
リーマー

 
 
 次に治療中の歯のむし歯を完全に取り除くことも大切です。一見、神経の治療に無関係なところにあるむし歯でも、象牙細管という細い管を通って感染する危険があるからです。
 
 
むし歯の治療について詳しくはこちら
 
 
 
 

・無菌状態を保つためにラバーダム使用

 

 
歯の神経の治療中はできるだけ無菌状態を保つためにラバーダムを使います。ラバーダムがかけられない場合や、前歯など唾液が入る危険が少ない箇所では簡易防湿で行うこともありますが、下の奥歯ではラバーダムがないと治療結果に差が出ることが分かっています。
 
 
 
 

・根管充填について

歯の神経があった部分に最終的に詰め物をすることを根管充填と言います。通常は、ガッターパーチャというゴム素材と隙間を埋めてガッターパーチャを歯にくっ付けるシーラーというセメントを併用します。
 
ガッターパーチャー

ガッターパーチャー


 
ガッターパーチャのポイント(色々な太さを持った細い棒状のもの)と使う方法と、ガッターパーチャを温めて軟化したものを充填するウォームガッターパーチャ・テクニックの2つの方法が主流です。
 
根管充填

 
 
また、乳歯などではガッターパーチャでなく粉剤だけを使った充填を行います。ほとんどの大学ではガッターパーチャポイントとシーラーを使う方法を習うと思いますが、私は現在、症例によって使い分けをしています。
 
 

 

・治療には知識と経験と研鑽が必要です。 

 私は現在、拡大鏡で治療を行なっていますが、側枝や上顎6番の第四根管なども通常に治療しています。
 
拡大鏡

 
側枝の疑いが在る場合はプレカーブを施した8番の細いファイルを使うのですが、こうした事は大学卒業後の研修会で学びました。医科の外科手術も医師によって差があるように、設備や道具というのは使う人によってその結果はさまざまです。
 
 
院長伊東信明の歯科治療への思いについてはこちら
 

ラバーダムの役割とは

 
 
ラバーダを着用

 
ラバーダムは下記の目的のために使用します。
①唾液による感染を防ぐため
②治療部分の消毒・殺菌のため
③水分を遮断することで、充填物の接着力を高めるため
④舌や頬を排除・保護してケガや事故を防ぐため
⑤道具の誤飲を防ぐため

歯が欠けた時の治療期間と費用

 

 
 
 

いい歯医者の見分け方とは