歯の神経の治療、根管治療。防湿感染予防のためのラバーダム。群馬県高崎市の歯医者スマイル歯科クリニック

スマイル歯科クリニック      
お問い合わせ 027−320−2418
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町486

HOME > 根管治療

神経の治療
スマイル歯科クリニック院長伊東信明です。
根管治療についてのお問い合わせが増えてきました。
悩んでいる方々のご参考になれば幸いです。

 
 

・根管治療は歯科では最も難しい治療の一つ

根管治療は一般の歯科医になって、日常で度々行われる治療ですが、同時に歯科では最も難しい治療の一つでもあります。
 それは技術的なことと、日本の保険制度の中で全く割の合わない評価しかされていないことにあります。
ここでは、技術的なことに特化して書いていきたいと思います。
 
根管治療が必要な歯というのは、虫歯が大きかったり、外傷で破折したりといったように、歯そのものの状態があまりよくありません。
また、根管治療をするためには歯冠部(歯の根の部分ではなく歯肉上の見える歯の部分)を大きく削る必要があるために、根管治療中の歯でものを噛んだり、歯を噛み合わせたりした時に余計な力が加わると痛みの原因となり、場合によっては歯が破折してしまい、保存ができなくなってしまいます。
 

・基本的なことがきちんと行われていることが大事

ですからそうしたことを防ぐために、いわゆる咬頭を落とすということが必要になります。
つまり歯の長さを短くして、根管治療中に、わざと噛み合わないようにするわけです。
 
また、治療中の歯の虫歯を完全に取り除くことも大切です。
 一見、神経の治療に無関係なところにある虫歯でも、象牙細管という細い管を通って、感染する危険があるからです。
 
以上に述べたことが不完全ですと、神経を抜いたのに痛みが生じるということが起きる原因の一つになります。で、ここが大事なののですが、最新の機械を使おうが、どんな神経の治療のテクニックを行おうが、以上の述べた基本的なことがきちんと行われていないと意味がありませんし、実際にそうしたとが意外に多く散見されるということです。
 

・無菌状態を保つためにラバーダム使用

次にできるだけ無菌状態を保つためにラバーダムを使うということですが、根管治療の全てのテクニック的なことは以上が前提の上に行われて初めて意味を保つとお考えください。
 
乱暴に言ってしまいますと、根管治療はもともとあった神経や血管が詰まった部分を可能な限り綺麗にして、十分に密封するということですが、網の目のように張り巡らされた神経や血管の細い管をきれいにすることは、どんな最新な機械を使っても不可能ですし、また完全に密封することも不可能です。
 
根管清掃のために超音波洗浄を行ったり、根管に入れる貼薬剤によって根管の滅菌をできるだけ行うようにするわけです。
 

・根管充填について

根管充填に関しては、ガッターパーチャというゴム素材を詰めることが主流だと思いますが、それにもガッターパーチャのポイント(既製の様々な太さを持った細い棒状のもの)と充填した時にポイントが歯にくっつき、隙間を埋めるためのシーラーを使った方法と、ガッターパーチャを温めて軟化したものを充填する(ウォームガッターパーチャ・テクニック)が大きく2つのテクニックがあります。

私が学校で習ったのは前者のガッターパーチャとシーラーを使う方法ですが、日本のほとんどの大学ではこの方法を習うと思います。
 
私は大学を卒業後に、より成功率の高い根管治療を目指してウォームガッターパーチャテクニックの研修を受けましたが、それぞれ一長一短があり、今は使い分けています。
私は数年間、保険治療の中で、ウォームガッターパーチャテクニックだけで治療を行なっていました。その経験からウォームガッターパーチャテクニックは確かに、密封性という面では優れているのですが、再治療がポイントを使ったものに比べて困難であるということと、歯根の破折のリスクが、ポイントに比べて高く感じるからです。
 
もちろん、技術者によって違うのは重々承知していますが、あくまで個人的な感想だと受け取ってください。
理由としては前者の方が大きいのですが、それは根管治療を専門的に行なっていた大学時代の友人の一言があったからです。
それは「根管治療は再根管治療が行えるように治療しなければいけない」というものでした。
おそらく、大学の病院で嫌という程、他の歯科医が行なった根管治療のやり直しを行なった経験から出た言葉だと思うのですが、先に述べましたように、根管内は複雑で再治療の可能性がゼロでない以上、彼の言うことは最もだと思った次第です。
 

・根管治療は基本的な知識と基本的な技術の上で成り立っている

根管治療は、おそらく、歯の解剖学や生理学といった基本的な知識をもとに、虫歯を取り残さないとか、咬頭を落として歯の安全を保つといった当たり前のことを守り、そして視野を確保し、器具の到達を容易にするように歯冠部を拡大し、さらにラバーダムを使って防湿と細菌感染を防ぐといった基本的な技術の上に成り立つのだと思います。
 
その上でマイクロスコープといった最新の機械を使う技術を習得できれば、さらにいいのではないかと思います。

 
 

 
 

【ラバーダム使用の根管治療】

根管治療は目に見えないところだこそ、手を抜かないことが重要です。

 

 当院での根管治療の動画です。

ラーダムをかけ防湿を行い緻密にに治療。
ご参考にしてください。

 
 

良質な治療を行うために
なぜ根管治療(歯の根の治療)でラバーダムを使用するのか?
 

 ラバーダムは下記の目的のためで当院は使用しております。
①唾液による感染を防ぐため
②治療部分の消毒・殺菌のため
③水分を遮断することで、充填物の接着力を高めるため
④舌や頬を排除・保護して正確な治療をするため
⑤誤飲を防ぐため
   (特に子供の奥歯を治療する時に効果あり)


■根管治療・子供の治療にラバーダムはなぜ必要か?
ラバーダムの目的は、唾液からの感染予防、口腔粘膜や口唇の保護、誤飲の予防などですが、治療の内容によります。
 
 
子供の虫歯が大きく、神経を一部残す生活歯髄切断法という治療や、虫歯にレジンを充填するときなどは、必要なことが多いですし、ラバーダムをした方がいいです。
 
 
なぜなら、子供の場合は、ふいに動いたり、口腔自体が小さいので、治療の際に大人よりも、誤って口腔粘膜や口唇を傷つけてしまうリスクが高いからです。
 
 
■ラバーダムを使用していない歯科医院があるのはなぜか?
大学の実習では必要な時にはラバーダムを使用して治療しています。
 
ただ、現在の保険制度ではラバーダムを使用しても一切、お金になりません。
 
 
そうした点からラバーダムを使用しないのか、あるいは何か他の事情があって使わないのかと思われます。
 
 ※当院の根管治療は保険診療です。

 
 

根管治療に大切なこと

根管治療に大切なこと1

むし歯をとりのこさないこと。むし歯が残っていると、そこには細菌がいることになりますので、歯から根の先に感染を起こし、根の先に膿みができる原因になります。

 
 
 

根管治療に大切なこと2

歯の神経や血管が入っていたすき間をきれいな状態にして、すき間をうめる材料できっちりうめること。

 
 
 

根管治療に大切なこと3

治療中に唾液からの感染を防ぐために(唾液の中には口腔常在菌という細菌がいます)防湿を行うこと。

ラバーダムを装着して防湿

 

根管治療1
根管治療2
 
根管治療3
根管治療4
 

 
 

 

根管治療ご注意ください。

神経の治療では、治療前後にレントゲンで歯の神経のところに薬の入っている状態を確認して、説明を受けることが重要です。

 
この神経の治療は、どんなにすばらしい名医が行ったとしても100%成功するわけではありません。
(これは歯の神経が網の目のように細かく枝分かれして複雑であることが理由のひとつです。)

また、歯の神経だけでなく歯に栄養を与える毛細血管も同時になくなりますので、歯がもろくこわれやすい状態になります。

ですから、むし歯はできるだけ軽い初期の状態で治すことが望ましいのです。
 
 

 
 

ラバーダム 丁寧 評判 歯科医

ラバーダム装着中

ラバーダム 根管治療

ラバーダム装着前

防湿 歯 治療

ラバーダム装着後

 
 
 
丁寧な歯科治療実施 
高崎市 スマイル歯科クリニック 

HOME > 根管治療