金属アレルギーのご相談審美歯科なら群馬県高崎市の歯医者スマイル歯科クリニック

スマイル歯科クリニック      
お問い合わせ 027−320−2418
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町486

HOME > 金属アレルギー

金属アレルギー?

おすすめは
チタンまたはセラミック

 

まず、どの金属のアレルギーかパッチテストで調べる必要があります。比較的アレルギーが起きにくいのは、金のカラットの高いものですが、それでもアレルギーが起きる場合は、チタンあるいはセラミックなどの金属以外の材料を使うのがいいと思います。
 


安全第一を考えるなら

歯科医師として
治療する立場として

 
 
 
保険外治療と言いますと、皆様はどうのようなイメージをお持ちでしょうか?
「白い被せ物」「金歯」「インプラント」「金属床の入れ歯」「エステ入れ歯」
あるいは金額が「高い」などでしょうか?
それらは見た目や使い勝手の問題でしょうか?
 
実は歯科医師として治療する立場として、言わせていただけるのでしたら、
それは「安全基準の違い」が一番の問題なのです。
 
例えば食品における放射線の安全基準や農薬の安全基準と同様に国は様々な状況で
安全基準の変更を行います。
歯科においても、国民皆保険のもと、限られた予算の中ですべての国民に
治療を受けていただけるように材料も決められていきます。
 
 

金属の腐食の問題

 
 
従いまして、日本で使われている材料がすべて海外でも認可されているわけでは
ありません。
例えば金属の被せ物や土台を考えた場合に、金属の腐食の問題があります。
そのために体に金属が蓄積し、見た目としては金属に触れた部分の歯肉が
黒ずんだり、歯が黒ずんできたりします。特に神経を抜いた歯に腐食する
金属を使うと数年すると歯や金属が割れる危険が高くなります。
 
 
ですからより安全な材質を求めるとどうしても保険外の材料になってしまいます。
私は、自分の治療した歯ができるだけ長い間、口腔内でキレイで長持ちして、
患者さんの健康や生活に役立って欲しいのです。
ちょうど、熟練した職人さんが納得できる材料で、満足した仕事をしたいと
思うのと同じようなものかもしれません。
保険外補綴物詳細はこちら
 

妥協しない技術の追求

 
 
 
より高い基準の安全、より高いレベルの美と健康を求めるのは誰もが望むことでは
ないでしょうか?
そのためには歯科医としては妥協しない技術を追求すると同時に
患者さまも国の制度だけに頼らない自分で自分を守ることも
必要になってきます。
 
ホームページだけは分からないことや、疑問点がございましたら
ぜひご相談ください。
 
スマイル歯科クリニック 院長 伊東信明

補綴物(被せ物)の種類

セラミック・ジルコニア・アプリコット・保険適用物

セラミック&ジルコニア
(保険外)

特長 審美性にすぐれている
メリット

・審美性がよい。

・マスキング効果により土台の金属がすけにくい。

・金属を使用しないので金属アレルギーの心配がない。

 

デメリット

保険適用外


 






チタンメタルボンド
(保険外)

特長 審美性にすぐれている
メリット

・セラミックの次に審美性よい。

・裏打ちにチタンを使用するため、歯茎の変色ならびに金属アレルギーを軽減。

・将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。

 

デメリット

保険適用外

・裏側から金属がみえてしまう。






アプリコットジルコニア
(保険外)

特長 審美性にすぐれている
メリット

・光沢がよい。

・審美性がよい。ただし色の選択が不可。

(色は3種類のみ)

・強度があるのでブリッジに使用良好。

 

デメリット

保険適用外

ただし色の選択が不可。






ゴールド
(保険外)

特長 最も適合が良い
メリット

・最も適合が良く、二次的なむし歯になりにくい。

・金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの起こる可能性が低い。

 

デメリット

保険適用外

・金属なので見た目がよくない。






硬質レジン前装冠

金銀パラジウム合金

(保険適用)

特長 ・保険適用なので安価。
メリット

・光沢はないが、色は歯に似ている。

・裏打ちが金属なので強度がある。

・保険適用なので安価。

・保険の適用範囲は前歯と犬歯のみ。


デメリット

・時間がたつと変色。

・裏側から金属が見える。

・時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯茎の変色や

金属アレルギーを起こす可能性が高い。






金銀パラジウム合金
(保険適用)

特長 ・保険適用なので安価。
メリット

・金属なので強度が強く、強い力がかかる部位 に適している。

・保険適用なので安価。

 

デメリット

・見た目が良くない。

・時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯茎の変色や金属アレルギーを起こす可能性が高い。

 





スマイル歯科クリニック取り扱い 
土台の種類

歯牙が薄くなっている場合は
土台となるコアをいれます。
保険適用のものには、レジンと金属のものがあります。
保険外のものでは、土台のポストの部分にグラスファイバーを使ったものや、金属でもイオン化しにくい丈夫で長持ちする白金加金を使ったものなどがあります。
 
見えない箇所ですが、見た目や健康に影響を与えますので
慎重にお選びください。

 
 
 
 

ファイバーコア(保険外)


特長 審美性にすぐれている
メリット 歯質がある程度残っている場合に適用できます。




 
デメリット

保険適用外


 







ゴールド・コア(保険外)


特長 生体に一番やさしい

 
メリット 歯質がほとんど残っていなくても適合可

曲げに一番強い

長持ち

 
デメリット

保険適用外








メタル・コア(保険内)


特長 保険適用
メリット 歯質が残っていなくても適用可


デメリット

欠点としては
金属がとけて体の中に沈着しやすい

金属アレルギーの人には不可 







HOME > 金属アレルギー