歯周病について
 

HOME | 歯科衛生士勉強会

なぜ勉強会を開いているのか?

当院は毎週火曜日午前12時から1時間を勉強会を開いています。おかげさまで15年間続けることができました。勤務している歯科衛生士のレベルアップのために始めましたが、対外的には、歯科衛生士の資格を持っていてもブランクがあって仕事を復帰するのが不安な方や、スケーリング、SRPなどの技術の確認、ラバーダムや仮歯作製を学びたいなどの気持ちにお答えしたいと思っています。
歯科衛生士の方なら誰でも参加できますので、参加ご希望の方はお問い合わせ下さい。
 

理由1;歯科衛生士全体のレベルアップのため

 
 
印象採得
毎日の慌ただしい診療の中では、新しい材料の使い方の正しい知識を得る時間や自分の技術についての振り返りをもつ時間もなく、ましてや先輩からゆっくり教わる時間もありません。また、歯科医院では常に新しい材料が生まれ診療形態が変わることもあります。知識を高めると同時に、診療方針の再確認も常に必要です。
 
 
 

 理由2;口腔の指導法を全員で検討するため

 
ラバーダムの説明
口腔指導もうっかりすると自分流になる事があります。いつも初心に帰ると同時に、他の方が担当している難しいケースを検討することで、それぞれがスキルアップ出来るようにします。
 
 
 

 

理由3;いろいろな立場の歯科衛生士のために

 
補綴物の説明
子育て中の歯科衛生士は早めにお子さんを迎えにいく必要があるために、診療後の勉強会では全員参加することは出来ません。したがって当院では火曜日の午前診療を12時でストップして1時間勉強会のために時間をつくりました。
 内容はその都度状況によって変わりますが、新卒の歯科衛生士のためには技術以外にコミニュケーション方法や接客方法を勉強したりしました。
外部の歯科衛生士さんがゲスト参加される場合には、ご要望で内容を変えます。