スマイル歯科クリニック
群馬県高崎市綿貫町486
TEL 027-320-2418
【診療時間】木・日・祝は休日
月火水金 9:00~18:00
土    9:00~17:00
 
セカンドオピニオン
 

HOME | セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンについて

他の専門家の意見も聞いてみたいとお考えの方は、最初に現在かかっている歯科医院で相談してみて下さい。そこで治療内容や現在の状態などを書いた紹介状を書いていただくのがいいと思います。医科の場合はこの辺りのプロセスが厳格に決まっていますが、歯科では前の歯科医院に通院しなくなってから相談されることもあります。
 
セカンドオピニオン

第2の意見を求めること

セカンドオピニオンとは、より良い決断をするために、専門的な知識を持った第三者に求める「意見」または「意見を求める行為」のことと言われています。医療の分野では特に患者さんが納得のいく治療法を選択することが出来るように治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることを言います。ここでは特に歯科の分野に限って、簡単な具体例を挙げながら述べていきたいと思います。 
 
いい歯医者の見分け方についてはこちら
 

治療の選択肢は複数

治療の選択肢は意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、複数あることが多いです。例えば、これは珍しいケースですが、永久歯が歯肉や骨の中に埋まって歯が生えてこないケースがあったとします。ある歯科医院では、その歯は生えてこないものとして、成人になってからの矯正を考えるかも知れません。
埋まっている歯

 
別の歯科医院では、歯科口腔外科の歯科医師と連携し、口腔外科で歯槽骨を開窓して、歯科医院で歯肉や骨に埋まっている歯を矯正で引っ張り出して正しい位置に生えさせることを選択するかも知れません。
 
院長伊東信明紹介ページ
 
 

歯を失った場合の処置

歯を虫歯や歯周病あるいは事故などで失った場合などでは特に複数の選択がある事が多いです。入れ歯か、ブリッジか、インプラントか、歯の移植かなどよく歯科医師と相談して、それぞれのメリットやデメリットの説明を聞いてから、治療をどうするか決めた方がいいでしょう。
 
歯がない

 
 
もし、説明を聞いて別の専門家の意見も聞きたい場合はその旨をきちんと担当医の歯科医師に相談してみて下さい。その先生に悪いとか思う必要は全くありません。むしろ、不安な思いを持っている患者さんには歯科医師の方から別の歯科医院での意見を聞くことをお勧めすることもあります。 
 
親知らずの移植についてはこちら
 
目立たない入れ歯についてはこちら
 
インプラントとそれ以外の治療法についてはこちら
 
 
 

歯が保存できるか、それとも抜歯か?の選択肢

 歯周病や歯の神経の治療などでも、歯を保存するのか抜歯するのかなどの判断も、時には歯科医師によって異なることがあります。患者さんが複数の専門家の意見を聞いて、自分にとってベストな選択をするための一助としてセカンドオピニオンというシステムはありますので、ご自身の治療内容を確認したいとき、あるいは不安に感じる時などはご利用ください。
 
不安な人

 
当院初めての方はこちら
 
 

【参考】
特定非営利活動法人 日本歯周病学会
http://www.perio.jp

 
 

歯が欠けた時の治療期間と費用

 

 
 
 

いい歯医者の見分け方とは

 
いい歯医者

 
詳しくはこちら
 
 
 
 

セラミックとジルコニアの違いは?

インプラントと移植の違いは?

歯科衛生士募集中
 

 

院長ブログ
お問い合わせ TEL 027-320-2418