つれ舌(舌小帯短縮症)のご相談手術なら群馬県高崎市の歯医者スマイル歯科クリニック

スマイル歯科クリニック      
お問い合わせ 027−320−2418
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町486

口腔外科というと一般の方が連想するのはどういう治療でしょうか。ここでは、舌小帯(いわゆるつれ舌)の手術、歯根のう胞(歯の根の先にできたのう胞)の手術などについて書きたいと思います。

つれ舌(舌小帯短縮症)

舌の下、口の中に『細い紐のようなひだ』があって舌がこれで口の中の下顎とつながっていますが、これを舌小帯といい、 これが短いと昔は『哺乳の邪魔になるとか言葉が舌足らずになる』と言い、昔は乳幼児の時に切離するように言われました。
 
 
現在でもまれに舌が口の底にくっついていて哺乳に邪魔になりうるくらい短い場合は、外来でその部のみを切離することで哺乳がよくなる乳幼児もいます。極端に短く、哺乳と関係する場合は、外来でその部を、せん刃で切離するだけで、哺乳はよくなる場合もあります。ただ すべての乳幼児が適応するわけではありません。
詳細についてはお問い合わせ下さい。

HOME > 舌小帯短縮症