前歯の悩み、見た目がきれいな審美歯科なら群馬県高崎市の歯医者スマイル歯科クリニック

スマイル歯科クリニック      
お問い合わせ 027−320−2418
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町486
セラミック
被せ物を作る前に歯を削る(形成)必要があります。大切なのは、歯の削る位置、つまり被せ物との境目をどこに置かです。
もし、歯の削る位置が目に見える位置だった場合は境目が出てしまうことになり、前歯の場合は見た目が悪くなってしまいます。

セラミックなど前歯(差し歯)のかぶせ物

歯のような白い色(セラミックやジルコニア)をしたものと金属

前歯に限らず、歯をかぶせる場合はいくつか材料があります。大きく分けると、歯のような白い色をしたものと金属とがあります。前歯の場合は見た目が白い材料を使いますが、これもセラミック(保険適用外)とプラスチック(保険適用)というように材料が分かれます。
 
 
見た目がきれいで本物の歯と区別がほとんどつかないとなるとセラミックという材料が一番です。ただ、このセラミックは歯に比べて硬すぎるという欠点があり、現在、奥歯を白くしたい場合はそうした欠点を改良したジルコニアという材料(保険適用外)を使うことが多くなっています。
 

 審美歯科材料
オールセラミック

セラミック

 
 
全部がセラミックで出来た冠です。
内部に金属がない分、非常に見た目がよく
自然な歯の表現が可能で、微妙な色や透明感の再現性に優れます。
特に歯と歯茎の境目付近の自然感は極めて優れます。
化学的にも安定した材料ですので、金属を使用しないのでアレルギーなどの心配も少ないです。
汚れも着きにくいです。
 
 
 
 
 


 

審美歯科材料
メタルボンド
(陶材焼付け)

メタルボンド

 
 
 
薄いキャップ状の金属の上にセラミックを焼き付けた冠です。
見た目が良く変色しません。
金属がベースに有ることで十分な強度と適合精度が確保されています。
中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くできます。
微妙な色や透明感の再現性に優れます。
 
 
 


 審美歯科材料
ゴールド

ゴールド

 
 
 
「金合金」や「白金加金」を使用したかぶせものです。
適合が大変よく、錆びることがありません。
金属使用なので、強度があり、二次カリエスになりにくいです。
金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーが起こる可能性が低くなります。
 
 
 
 
 
 


審美歯科材料
ジルコニア

ジルコニア

 
 
色が歯に似ているため見た目がよいです。
割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。
金属を使用しないので、金属が溶け出すことによる変色、金属アレルギーなどの心配がありません。
 
 
 

HOME > 審美歯科被せ物