ラバーダムの目的は、唾液からの感染予防、口腔粘膜や口唇の保護、誤飲の予防群馬県高崎市の歯医者スマイル歯科クリニック

スマイル歯科クリニック      
お問い合わせ 027−320−2418
〒370-1207 群馬県高崎市綿貫町486

ラバーダムについて

子どもの治療にラバーダムは必要ですか?

ラバーダムの目的は、唾液からの感染予防、口腔粘膜や口唇の保護、誤飲の予防

ラバーダムの目的は、唾液からの感染予防、口腔粘膜や口唇の保護、誤飲の予防などですが、治療の内容によります。子供の虫歯が大きく、神経を一部残す生活歯髄切断法という治療や、虫歯にレジンを充填するときなどは、必要なことが多いですし、ラバーダムをした方がいいです。なぜなら、子供の場合は、ふいに動いたり、口腔自体が小さいので、治療の際に大人よりも、誤って口腔粘膜や口唇を傷つけてしまうリスクが高いからです。
 
ラバーダムについてはこちら
 
ラバーダム
ラバーダム

HOME > 子供にラバーダム